利尻ヘアカラートリートメント&シャンプーを徹底口コミレビュー

利尻昆布の白髪染めはちゃんと染まります!サスティのヘアカラートリートメント・カラーシャンプー・白髪かくしの効果的な使い方や口コミレビュー。

利尻ヘアカラートリートメントを使っていての不満・注意すべき点

投稿日:

利尻ヘアカラートリートメントを実際に使っていての不満・注意すべき点というか気になったポイントをいくつか書いていきます。

 

「素手でもOK」とはいえ、手・爪の間は黒くなる

利尻ヘアカラートリートメントは、素手で使っても刺激はないのですが、問題がないわけではないのです。

当然ですが、手や指に色がつかないわけではありません

「乾いた手ではなく濡れた手で使用してください」と公式にもしっかりと書かれていますが、それでも色はつきます。

特に爪の間が黒くなってしまったら、数日は完全にはとれません…。爪用のブラシでも使って本格的に洗わないとダメ。

時間をおかないで、すぐにしっかりと洗うようにしましょう。気になって何度も手を洗ってしまうのは、手のお肌によろしくないんですよね…。

結果、ビニール手袋を使った方が楽チンです。

気になる人は、手はビニール手袋は必須として、染毛料がついてしまいそうな耳には耳キャップとか、耳や生え際にハンドクリームを塗っておくようにすればいいかと。

といっても、一般的ヘアダイに比べると色が残ってしまったりはしません。

 

バスルームや洗面所、使うタオルにも気を配る

バスルームや洗面所などに飛び散ったりしてついた液もすぐにお湯で流しておくようにしましょう。放置してしまうと落ちにくくなってしまいます。

髪をふくためのタオルにも気をつけましょう。多少タオルに色がついてしまうのは覚悟しておいてください。

真っ白なタオルは避けて、黒っぽい、色が移ってもいいタオルを、利尻ヘアカラーをする日専用のタオルとして使うことをオススメします。

 

利尻ヘアカラートリートメントのボトルが使いづらい!

ネット上の口コミでもよく見かけますが、ボトルが確かに使いづらいのです…。

なんだか片手でうまく使いづらくて、中身が減ってくるとうまく出てきてくれないんです。残りがどのくらいあるのかもというのも把握しにくい。

飛び散ってしまったりすることもあるので、お風呂場じゃないと使おうと思えない…。

チューブタイプの方がいいと思うのですが。中身はいいものなのに、なんか損しているような…。

 

カラーについて

まあ不満というほどの事ではないのですが、最初はカラー(仕上がった髪の色味)が思うようにいかなかった気がします。

カラーについては、現在ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラックの現在4パターンが用意されています。

私的には、最初はダークブラウンはまあまあ暗めなイメージになって、ライトブラウン・ナチュラルブラウンはちょっと明るいかな?っていう感じがしました。

結果、ダークブラウンがちょうど馴染んでるかなと思っています。

常連の人は、2色を混ぜて使ったりもしているようです。公式は「混ぜない方がいいです。」という感じですが。

別に不満があるというわけではないのですが、赤系統の色味に偏っているような印象。

私個人はあまり細かい所まで気にしないタイプですが、もうちょっとカラーバリエーションがあっても楽しいと思う人も多いのかなと感じます。

 

▼  ▼  ▼

利尻ヘアカラートリートメントの成分や価格など詳細まとめ

-利尻ヘアカラートリートメント

Copyright© 利尻ヘアカラートリートメント&シャンプーを徹底口コミレビュー , 2018 AllRights Reserved.